女性ホルモンサプリ!気になるランキング

女性のカラダと冷え

 

指先やお腹がひんやりとつめたくなる「冷え」。女性は特にこの「冷え性」に悩まされている方が多いです。何故冷えが起こるのかというと、運動不足などが原因ということもありますが、女性ホルモンのバランスが乱れていることが原因の場合もあります。女性ホルモンのバランスが乱れると血行が悪くなることがあり、それによって指先などが冷えてしまうのです。

 

女性ホルモンはエストロゲン(卵胞ホルモン)プロゲステロン(黄体ホルモン)の二つに分類されます。エストロゲンは新陳代謝をあげる作用のあるホルモンで、プロゲステロンは体温を高める作用のあるホルモンです。ホルモンバランスが正常であれば、それぞれのホルモンは正しい働きをしてくれるのでこういった作用も十分に得られるのです。

 

また、女性ホルモンのバランスが乱れると、自律神経という部分の働きも低下して、体温の低下に繋がります。自律神経とは、体全体の調子をと整える役割をしている神経なのですが、体温の調整をする働きもあります。

 

自律神経の働きが低下すると体の様々な不調が起こるほか、この体温調整がうまくできなくなって体の冷えを引き起こすのです。

 

冷えの改善には運動や足湯などで体を芯から温める方法や、生活習慣の見直しを行う方法などがあります。医学的な治療法として、婦人科に相談に行くと漢方をすすめてもらえることがあります。

 

漢方とは、自然由来の「漢方薬」を使用して、体全体の調子を整えていくという東洋医学の治療法のひとつである。冷えの悩みで服用を始めたのに、その他の生理の悩みや、体の浮腫みや、気持ちがイライラしていたのが軽減したりなど、幅広い症状の改善に繋がることもあります。

 

漢方は副作用も少なく、信頼して使用する人が増えました。婦人科で相談し、症状に合った適切なものを処方してもらい、悩みの改善方法のひとつにしてみるのも良いかもしれません。

 

女性ホルモンとアロマテラピー

 

 

<アロマテラピーとは?>
年々人気を伸ばしているアロマテラピーについて、皆さんはご存知ですか?アロマテラピーとは、精油(エッセンシャルオイル)を使用して行う自然治療です。精油にはただその香りを楽しめる他にも、心身の健康や、リラクセーションやストレスの解消などに役立つ効果があります。

 

その他にも女性ホルモンの分泌を促進したり女性ホルモンのバランスを整えてくれる、女性に嬉しい効果があることはご存知でしたか?いい香りを楽しんで、女性特有の悩みの解消に繋がるアロマテラピーを生活に取り入れてみませんか?

 

<女性特有の悩み>
女性にとって、大切なことだけれど悩みともなる月経。女性の体の中では、約28〜35日の周期で妊娠・出産するための準備が行われますが、この月経周期の内に、二つの女性ホルモンが順番に分泌されます。

 

月経が終わった頃から「卵胞ホルモン(エストロゲン)」というホルモンが分泌されます。このホルモンの分泌中は、肌の調子が良くなったり、髪のツヤが良くなったり女性にとって嬉しい時期です。

 

また、代謝が良くなるのでダイエットに向いている時期と言われたりします。月経前の約14日前、排卵期を向かえるのとほぼ同時に卵胞ホルモンが減り、今度は「黄体ホルモン(プロゲステロン)」というホルモンが分泌されます。

 

黄体ホルモンとは女性の体が妊娠・出産するために準備をするホルモンです。卵胞ホルモン分泌により嬉しい効果の一方で、黄体ホルモンとは栄養を蓄える作用があるので浮腫みやすくなり、ダイエットには向いていない時期です。

 

この二つの女性ホルモンの分泌のバランスを整えるために、脳の「視床下部」という部分がコントロールをします。視床下部は「脳の中の脳」言われる部分で、体の恒常性を保つために、自律神経系やホルモンの分泌などを調節しています。

 

しかし視床下部はとてもデリケートで、その機能が低下しやすいです。視床下部の機能が低下してしまうと、月経に深く関わっている女性ホルモンのバランスも崩れてしまい、それによって月経不順や月経痛、更にはPMS(月経前困難症)を引き起こしてしまうのです。

 

月経は妊娠するために必要な現象ですね。でも、毎月激しい月経痛などに悩んでいる・・・そんな人は、女性ホルモンのバランスが崩れているかもかもしれません。何故ホルモンのバランスは崩れてしまうの?原因を見つけて、改善する方法を見つけてみましょう。

 

<原因はストレス>
視床下部が機能低下してしまうのは、ストレスが深く関わっていると言われています。ストレスはどんな時に感じたり、溜まってしまうものなのかというと、

 

・不規則な生活、睡眠不足
・栄養バランスの悪い食生活
・仕事や人間関係のトラブル

 

このような事があると人はストレスを受けてしまうようです。その他にも心配性の人や神経質気味という人も、ストレスを感じやすく溜めやすいようですね。女性の社会進出を背景に、仕事優先の不規則な生活や仕事のトラブルが原因になる割合が増えてきたとも言えます。

 

<アロマテラピーを使ってみよう!>
月経に関する悩み、薬で解決する方法もありますが、安全性が高い薬でも人によって副作用の出方は違います。なかなか自分に合うものを見つけられない・・・という人もいるかもしれませんね。そんな人には、アロマテラピーを試してみてほしいと思います!

 

アロマテラピーには精油を使用します。この精油が持つ香りが中枢神経に働きかけ、ストレスを解消してくれる効果があります。その他にも女性ホルモンの分泌を促進したり女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、利用する女性が増えていますよ。

 

アロマテラピーに使用する精油には種類がたくさんあり、それぞれの香りで効能が異なります。複数の精油をブレンドすることでより高く効果を得ることもできます。お気に入りの香りを選んで楽しむことができますよ。

 

<精油の使用方法>
アロマテラピーには、精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれる自然由来のオイルを使用します。精油は「芳香浴」という香りを嗅いで楽しむ方法で使用すると、比較的安全ですし、扱いやすいです。主に以下の使用方法で楽しむことができます。

 

・ハンカチやティッシュペーパーに1〜2滴垂らして、デスクや枕元に置く
・キャンドル式芳香器や電気式芳香器 などの専用器具に1〜2滴たらし、拡散させる
・お湯を張った浴槽に〜3滴垂らし、半身浴をする

 

精油は100%天然のものを使用するようにしてください。また、使用量を守り、体調を考慮しながら少なくするなど調整するようにして、よく換気してください。精油が肌に合わず痒みや痛みを感じたら水でよく洗い流してください。

 

<精油の種類>
精油にはたくさんの種類があり、それぞれ、香りが違ったり効能が違います。そんな精油の中でも、よく使われる精油についてご紹介していきます。

 

・イランイラン(バンレイシ科)
名前の「イランイラン」は「花の中の花」を表すタガログ語からきています。甘い香りが特徴で、イライラや不安を和らげ心身を安定にさせたり、皮脂バランスを整える作用があります。女性ホルモンのバランスを整える効果もあります。

 

・ローズマリー
若返りのハーブと言われていて、「ハンガリー王妃の水」の主要原料として用いられました。リフレッシュ効果があり、記憶力を高めるといわれています。また体の血行や発汗を促すことから疲労回復の作用もあります。女性ホルモンを調整する働きがあり、肌の調子を整えます。

 

・クラリセージ
クラリセージには卵胞ホルモン(エストロゲン)とよく似た構造の「スクラレオール」という成分が含まれています。スクラレオールは、PMSya更年期障害の症状を抑える効果があるとされています。

 

・ネロリ
その昔、クレオパトラもスキンケアにネロリを使用していたと言われています。交感神経を鎮めてくれ、イライラや不安を落ち着かせてくれます。女性ホルモンを調整し、PMS(月経前症候群)に効果的です。

 

・ゼラニウム(フウロソウ科)
香水などの香料として利用されている花から採られる精油で、香りはローズに似ています。心身両面のバランスを整える作用があります。ストレスや緊張を緩めて、不安やイライラなどを鎮めてくれます。

 

<精油のブレンド>
精油は一種類からでも効果を得ることができますが、複数をブレンドすることでより高い効果が期待できます。ゼラニウムとクラリセージをブレンドすれば、生理不順や生理痛、PMSの改善の効果があります。

 

ローズとラベンダーをブレンドすることで、肩こりや腰痛を和らげたり、ネロリとオレンジスイートで安眠効果や血行促進効果が期待できます。お気に入りの精油と他の精油のブレンドでどんな効能のある精油ができるのか、また、体調などで改善したい悩みがあればそれに効くブレンドレシピを調べてみるとより楽しめるかもしれません。

 

<香りを楽しむのがアロマテラピー>
精油の種類はたくさんあって、選ぶのが難しいかな?と思うかもしれません。でも、中にはレモンやオレンジ、ラベンダーといった親しみある香りがあり、自分が好きだなと思った香りを選んで使うことがなによりも大切です。お気に入りの香りと一緒に長く続けていくことでより効果を期待できますので、そんな風にアロマテラピーの楽しみ方を見つけて悩みの解決につながると良いですね!

 

赤ら顔に効く漢方薬

 

赤ら顔には漢方が効きますが、それはなぜなのかご紹介していきます。まず漢方とは、中国発祥の医学のひとつで、日本で急発達しました。すべての病気の原因は、菌ではなく身体の不調和であるという考え方を持ち、身体そのものを整え、病気になりにくくする治療法です。

 

また、植物や鉱物などの天然物を組み合わせてつくられるので、刺激や副作用が少なく、体に優しい薬と言えます。漢方薬は一般薬とは真逆で、様々な症状に効果がありますが、即効性はありません。今回の赤ら顔のような、複数のトラブルが原因となる症状には、漢方薬がよく効くのです。そして、その複数のトラブルによって処方される漢方も変わります。

 

知柏地黄丸(ちばくじおうがん)、天王補心丹(てんのうほしんたん)、滋陰降火湯(じいんこうかとう)は、興奮を抑え、身体を落ち着かせる効果があるので、人前や怒った時に赤くなる方におすすめです。

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)、温経湯(うんけいとう)、桃核承気湯(とうかくじょうきとう)は、血液をサラサラにして濁りを改善させる効果があるので、気温差やお酒に弱い方におすすめです。半夏瀉心湯(はんげしゃしんとう)は、過剰な皮脂分泌を抑える効果があるので、皮脂の分泌が多い方におすすめします。

 

漢方は、このような個人の体質や症状に合わせて処方することができるので、より悩みに特化した薬をつくれ、効果も絶大です。赤ら顔は体質のせいだと諦めずに、ぜひ一度、漢方薬を処方してもらってください。

 

赤ら顔の治し方!おすすめ化粧品・サプリ教えます♪

 

ホルモン剤とサプリメント

 

女性ホルモンとは、女性の体の機能を保つ役割をしているホルモンです。エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の二つという二種類のホルモンに分類され、それぞれの役割で女性の体を作っています。エストロゲンは排卵を誘発させるホルモンです。

 

また、バストやヒップを大きくしたり、女性らしい丸みを帯びたボディラインにする働きがあります。プロゲステロンは子宮内の環境を整え妊娠に備えたり、赤ちゃんが成長しやすくなるように働きかけてくれるホルモンです。

 

ふたつのホルモンがうまく体の中で分泌されている状態を保つのが、女性のカラダにとってベストな状態であると言えます。女性ホルモンのバランスを整える手助けになるのが、女性ホルモン製剤や女性ホルモンサプリメントです。

 

月経困難症や更年期障害の改善、軽減に使用されるものですが、女性ホルモンの恩恵をより受けられるということで美容目的に使用する人や、同一性障害を持っていて性転換を望んでいる男性もいます。ではどのようなホルモン剤やサプリメントがあるのでしょうか。

 

プレマリン錠
内容:女性ホルモン剤、卵胞ホルモン剤、エストロゲン、更年期障害、骨粗鬆症、不妊治療

 

エストロモン
内容:女性ホルモン剤、卵胞ホルモン剤、エストロゲン、更年期障害、骨粗鬆症、不妊治療

 

プレマリンクリーム
女性ホルモン剤、卵胞ホルモン剤、エストロゲン、更年期障害、骨粗鬆症、不妊治療

 

クリマラ
女性ホルモン剤、卵胞ホルモン剤、エストロゲン、更年期障害、骨粗鬆症、不妊治療

 

プロベラ錠
内容:女性ホルモン剤、黄体ホルモン剤、プロゲステロン、更年期障害、不妊治療

 

プエラリアミリフィカ
内容:プリメント(女性)、バストアップ

 

聞き慣れない名前のものがほとんどですよね。でも内容をみると、含まれているのはエストロゲンやプロゲステロンですね。女性ホルモンに働きかける効能を期待できる薬です。婦人科や薬局への相談の、使用方法を守って服用するようにしてください。

 

女性ホルモンを増やすサプリメント!

 

 

 

更新履歴

Copyright (C) 2016 女性ホルモンサプリランキング!バランス改善! All Rights Reserved.